アイシャドーやアイラインの使い方

アイシャドーやアイライン、マスカラ・・・目元メイクの正しい順番ってあるの?

顔の印象を非常に大きく変えると言われアイメイク、その仕上げによってはイメージが良くも悪くもなりますので年齢に関わらず気を使う部分ではないでしょうか。

 

しかしながら、意外なことにアイメイクには正しい順番などは存在していないようです。(考え方はいろいろでしょうけど…

 

アイメイクは基本的に眉毛・まつげ・目の周りなどの意外に広い範囲について進めて行くものです。

 

これが良いと言う順番は存在していないものの、多くの方が行っている順番というのは実のところあると言えるでしょう。

 

例えば眉毛などは意外に早めにメイクすることが多く、これは眉毛から始めたほうが下の方も自然にメイクできると言うメリットがあるようですね。

 

また、まつげに関してもマスカラを使う人になると色々と気を使うこともあるようですね。

 

マスカラは、使い方を誤ると眉毛から肌に落ちることもあるでしょう。そのため、ビューラーとアイラインは先に行うことが多いようで、その後にマスカラを着けて最後にアイシャドウで仕上げるという形が妥当と言えます。

 

マスカラを最後にしないのが大きなポイントでして、アイシャドウに垂れてしまうのを防ぐためです。ただ慣れだすとアイシャドウを行ってマスカラをする方がよっぽど楽ですので、マスカラを最後にする方もかなり多いと言えるでしょう。

 

ここはマスカラの腕が良いか悪いかで順番は臨機応変に変えて行くのが良いとされ、アイメイクにこだわる女性にとっては非常に重要な決断のしどころとなる分けです。

 

ベースメイクの順番についても掘り下げてみました→下地メイクの順番がイマイチだから調べてみた