パウダー派?リキッド派?

リキッドとパウダーファンデ。肌トラブルで使い分けたほうが良い?

女性にとってその1日の肌の見栄えが決まってしまうファンデーション。

 

でも多くの女性は使いやすさとか、色や肌感の好みでセレクトしている方が多いと思います。

 

しかし、それは自分の好みだけでセレクトするのは大変危険でして、自身の肌トラブルの経験などを考慮して進めるべきなのです。

リキッドタイプかパウダータイプか

まず、ファンデーションでも非常に使いやすいものとして、リキッドタイプがありますがメイクに自身が無い女性でも比較的無難に使うことが出来ると言えます。しかし、リキッドは肌への吸収性が高いこともあって、肌のトラブルが起きやすい女性にとっては刺激を感じたり沁みたりするリスクを持っています。

 

その一方で、肌や場所を選ばずに使えるものとしてパウダータイプもありますが、メイク慣れしていない方が使いますと何度でもやり直さければなりません。

 

コンパクトで持ち運びも便利なので、多くの方に人気があるでしょう。

 

また、これ以外にクリームファンデーションもありますが、使い勝手はリキッドとほぼ同じで肌にマッチするか否かについて大きく個人差が生じます。

 

そのため、少しでも肌に異常を感じるとパウダータイプなどへ変更した方が良いかもしれませんね。

 

肌のトラブルでそれぞれのファンデを使い分けるのは良い方法ですが、厳密に言えば同じタイプのファンデでもさらに肌に問題が無いかをパッチテストなどでチェックして行くべきです。

 

誰でも使っているからという視点だけでファンデは決して選んではいけないでしょう。

リキッドとパウダー。肌への負担が少ないファンデはどっち?

毎日メイクして落としてを繰り返していますから、女性は男性よりも乾燥肌になりやすい傾向にあります。

 

特に肌の弱い方はこのメイクによって症状が悪化することも多いようです。

 

特に多くの女性が毎日行うファンデーションは肌の負担の大きな原因となって行きます。

 

それでも、ファンデはリキッドやパウダーなどのタイプに分かれますが肌へ影響はどのようになっているのでしょうか?

 

まず、非常に持続力も高くて使いやすいものと言えばリキッドタイプになりますが、一般的にリキッドは肌への浸透しえが極めて高いメリットを持つファンデとなりますが、肌の弱い方やバリアが正常でない方の場合はそれをもろに刺激として受けてしまいます。つまり、ファンデそのものが肌の負担を大きくしてしまう原因となるのです。

 

その一方でパウダー系のファンデになりますとリキッドよりも崩れやすいデメリットはあるものの、肌への負担は大変低くなっているので多くの女性に愛用されています。もちろん、気温の変化によってたびたびメイク直しをしなければなりませんが、持ち運びなども手軽なので慣れればそれほど気にすることはありません。

 

このように、一般的には肌の負担をコントロールするためにはパウダータイプを使用することが良いのですが、何れのタイプを問わずにやはりご自身の肌にマッチした物質を配合しているものを選ぶことにしましょう。敏感な肌は、徹底的に合うタイプを選び抜いて行くのが長期的なスキンケアには大変重要だと言えます。