モロモロが出る基礎化粧品…それって化粧品のせい?

化粧下地を塗るとファンデがモロモロと出る?擦り過ぎてませんか?

ベースメイクの基本である化粧下地、通常は日焼け止めをした後に肌に下地を塗ることになります。

 

この化粧下地が塗られていませんファンデの乗りが非常に悪くなることでしられ、全体的にムラの出来た仕上がりになって行くことでしょう。

 

また、この化粧下地の意外な効果として肌の刺激を軽くしてくれたり、肌の印象を非常にクリアに若々しくしてくれたりする効果もあります。
さらに、毛穴などの目立ちにくく覆ってくれることもあって結果的にメイクが満足いく結果になることが多いのです。

 

しかし、化粧下地をせっかく塗ったとしても、その後のファンデがモロモロと崩れて行くおかしな現象も存在しています。
その多くは、ファンデを思いっきり強く擦り過ぎていることが大きな原因になりますので、化粧下地を塗ってファンデを塗るには力を抜いて軽く塗って行くことが最も上手な方法になるでしょう。

 

それでも、このようなファンデの崩れで意外に知られていないのが、何気なく使っていた化粧下地がご自身の肌に合っていないと言うことが考えられます。つまり下地自身も肌に馴染まず、これによって下地が盤石にならないと言うことになってしまいます。

 

こうなりますとファンデは肌の上に定着することが非常に難しくなり、上述のようにファンデは崩れっぱなしになっていくことでしょう。そのため下地の上のファンデの塗り方も重要ですが、それ以上に自分の肌にマッチした化粧下地のセレクトが更に重要となる分けです。

保湿化粧品は肌に馴染ませて浸透するもので擦って浸透させるものではない

最近のメイクの基本は如何にして肌の潤いを失わせないようにすることが重要視され、それを反映してかマーケットには保湿化粧品がところ狭しと並んでいます。

 

そして、実際に多くの女性がこのような保湿系コスメを中心に購入をされているでしょう。

 

しかし、これらの化粧品をきちんとわかって利用している方になりますとそれほど多くないようで、さらにその肌への使い方に関しても非常に誤解されている方が多くなっているのです。
そのため、保湿化粧品が本来持つ保湿力を引き出すことが出来ていないケースがかなり多く見られます。

 

この保湿化粧品の正しい使い方とは、ずばり肌に馴染ませることになるでしょう。
つまり、必要以上に化粧品を塗りたくって擦ると言う方式ではなく、ゆっくりと肌の上にカバーするようにじっくりと押していく感じで進めるわけです。どんなに保湿力の高い化粧品であっても、肌にゆっくりと浸透させないと効果は全くないと言っても過言ではありません。

 

現在多くの女性は自分のお仕事を持って非常に忙しい方ばかりですので、保湿化粧品の非常に良いタイプを持っていてもそれを上手く活用することが出来ていない状況なのです。

 

これにより、スピーディに化粧品を擦り込むことしか行わずにいるものですから、使いながらもどうしてこんなに良い化粧品を使っても効果が出ないのかと疑問に思うことがほとんどなのです。スキンケアの保湿について、まずはお持ちの化粧品の使い方を徹底すべきでしょう。